Loading



『ダイキン冷媒施工技術認定制度』を開始



本リリースの公式ページ
http://www.daikin.co.jp/press/2011/110224/index.html
前の画面に戻る

2011年2月24日
メーカー独自で優秀な冷媒配管施工技術者を認定
『ダイキン冷媒配管施工技術認定制度』を開始

ダイキン工業株式会社は、エアコン据付工事に関する冷媒配管の施工において優秀な技術を持つ人をメーカー独自に認定する『ダイキン冷媒配管施工技術認定制度』を2011年4月1日より開始します。
本制度は、冷媒配管工事に関連する必要な知識、技術、卓越した技量及びモラルを有した技術者をメーカー独自に認定するものです。
冷凍・空調業界初となる本制度を開始することで、優秀な技術者の育成や拡大を図り、高品質な施工により、空調機の持つ機能や性能を十分に発揮させ、お客様へ快適な空間を提供してまいります。


【認定制度の概要】
冷媒配管施工(フレア加工・ろう付け※1)に関する必要な知識や卓越した技量を有しており、空調機の能力や機能を十分に発揮させることが出来る方を認定いたします。認定の有効期限は5年とし、継続される場合には更新が必要となります。

【制度導入の背景】
空調機に使用されている冷媒※2が万が一漏えいした場合、空調機の性能低下や故障、地球温暖化など気候変動への影響などが懸念されています。
使用時の冷媒漏えいを抑制するために、点検・修理に関わる規程・ガイドライン※3を制定し、業界をあげて、冷媒漏えいの防止に取り組んでおります。
こうした取り組みを更に強化するためには、ガイドラインを実際に運用し、施工する技術者の技術力・対応力向上が、不可欠な状況になっています。
本制度では、当社の冷媒配管施工の経験豊かな技術者による講習を通じて高度な経験・ノウハウを伝えると同時に、技術者の習熟レベルや知識を厳しい検定試験によって審査することで、優秀な施工技術者を独自に認定します。優秀な技術者層を拡大し、施工技術の水準を高める取り組みを通じて、空調機の性能低下や故障防止に努めてまいります。
今後は、冷媒開発から空調機開発までトータルに手がける世界唯一のリーディングカンパニーとして、世界的な冷媒問題に対処するため、日本だけの制度にとどまらず、制度のグローバルな展開も視野に入れて、取り組んでいきます。

【認定条件】
冷媒を回収出来る資格※4を有し、且つガス溶接技能講習の修了者で下記条件のいずれかを満たす方
1) 当社研修部主催の「ダイキン冷媒配管施工検定」試験の合格者(認定試験、1日コース)
2) 当社研修部主催の「冷媒配管施工マスター」コースの合格者(講習及び認定試験、5日コース)
3) 当社研修部主催の該当コース合格者(該当コース:「スカイエア据付マスター」と「ろう付技能基本級」)
4) 冷凍空気調和機器施工技能士1級又は2級合格者
5) ダイキン空調技術訓練校※5〈施工コース〉の修了者

【講習会会場】
 弊社研修所の下記4拠点にて随時開催予定です。
 つくば研修所(茨城県つくば市)   名古屋研修所(愛知県名古屋市港区)
 大阪研修所 金岡スクール(大阪府堺市北区)   福岡研修所(福岡県糟屋郡志免町)




《 ご参考 》
●講習会概要
コース名 ダイキン冷媒配管施工検定 冷媒配管施工マスター スカイエア※6据付マスター ろう付技能基本級
コース内容 冷媒配管の加工技術を既に習得された方向けで、主に認定試験を実施 冷媒配管の加工技術習得に特化した講習と認定試験を実施 現場に即したスカイエアの据付施工技術の習得 冷媒配管のろう付け技術の習得
主なカリキュラム ・冷媒漏えいさせない技術
・認定試験
技能試験と筆記試験を実施
但し、技能試験については課題を事前に公開します。
・フレア加工
・気密試験、冷媒充填及び冷媒回収作業
・ろう付け基本作業
・認定試験
技能試験と筆記試験を実施
但し、技能試験については課題を事前に公開します。
・建築構造の基礎知識
・スカイエアの据付工事と試運転実習
・フレア加工/ベンダー加工実習
・修了試験
・ろう付けの基礎知識
・上向き、下向き、横向きのろう付け技能
・窒素ガス活用の効果
・修了試験
日数 1日 5日 3日 5日
受講料(税込み)
〈テキスト代込み〉
12,600円 65,100円 29,400円 65,100円
受講レベルの
イメージ
スカイエア、ビルマル※7の据付経験年数が5年以上の方 スカイエア、ビルマルの据付経験年数が3年以上の方 スカイエア、ビルマルの据付経験年数が3年未満の方 「ガス溶接技能講習修了証」を有する方
講習会会場 つくば研修所
大阪研修所金岡スクール
名古屋研修所
福岡研修所
つくば研修所
大阪研修所金岡スクール
つくば研修所
大阪研修所金岡スクール
名古屋研修所
福岡研修所
つくば研修所
大阪研修所金岡スクール
名古屋研修所
福岡研修所


※1: 冷媒配管の銅管同士や銅管と空調機を接続する主な方法としてフレア接続とろう付け接続があります。フレア接続の場合は専用工具を用いて銅管の管端を広げる作業(フレア加工)が必要になります。ろう付け接続は銅管の接合方法の一つで、接合部に溶けた「ろう材」を流し込み金属接合するものです。
※2: フルオロカーボン。冷凍・空調機の内部を循環し、冷暖房を行なう媒体。
※3: 冷凍空調機器の冷媒漏えい防止ガイドライン JRA GL-14:2010 (社団法人日本冷凍空調工業会制定)
業務用冷凍空調機器フルオロカーボン漏えい点検・修理ガイドライン JRC GL-01:2010 (社団法人日本冷凍空調設備工業連合会制定)
業務用冷凍空調機器フルオロカーボン漏えい点検資格者規程 (社団法人日本冷凍空調設備工業連合会制定)
※4: フルオロカーボンを回収できる主な資格
・冷媒回収推進・技術センター(RRC)が認定した冷媒回収技術者
・高圧ガス製造保安責任者(冷凍機械)
・冷凍空気調和機器施工技能士
・冷凍空調施設工事事業所の保安管理者
・フロン回収協議会等が実施する技術講習会合格者
・冷凍空調技士
・技術士(機械部門(冷暖房・冷凍機械))
※5: 職業能力開発促進法に基く認定訓練校であり、ダイキングループならではの、一味違うプロの技術マン作りをコンセプトに、より現場に適応した内容を折り込み、時代の変化に対応できる空調技術者の養成を目指している訓練校。
※6: スカイエア:店舗用エアコン
※7: ビルマル :ビル用マルチエアコン




前の画面に戻る



関連の新着リリース
『ダイキン工業』 リリース一覧
『機械』 上場企業 リリース一覧
『機械』 非上場・外資系企業 リリース一覧

注意:このサイトに掲載されるプレスリリーステキストはコンピュータプログラムで機械的に収集・生成しているためエラーが発生する可能性があります。発表元企業の公式サイトにて公式発表日や内容をダブルチェックして下さい。また、この掲載テキストの元となるプレスリリースの内容は発表元企業による公式発表当時のものであり、最新情報とは異なる場合があります。


新着画像
  • 2014/08/27 3D対応ホームプロジェクターのラインアップがさらに充実 ― 超解像技術が進化した『EH-TW6600W』など ―
    セイコーエプソン
  • 2014/08/27 かわいい焼き目ができる!ディズニー”くまのプーさん”シリーズの調理家電4機種
    象印マホービン
  • 2014/08/27 紳士服「プリングル 1815」カシミヤニットの「カスタムカラーオーダー」を開催
    三陽商会
  • 2014/08/27 『俺のスパニッシュ』近日オープンのお知らせ
    俺の株式会社
  • 2014/08/27 ライブアクションAR技術が年賀葉書ARアプリに採用 [ソニー(株)/ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ(株)]
    ソニー

最近チェックした企業
あなたがアクセスした企業ページは自動的にここに表示されます。