Loading



銀行保証付私募債(3社)の引受について(PDF:111KB)



本リリースの公式ページ[PDF]
http://www.gogin.co.jp/about/press2011/topi11-081.pdf
前の画面に戻る

平成23年11月25日
株式会社 山陰合同銀行


銀行保証付私募債(3社)の引受について


山陰合同銀行(頭取 久保田 一朗)では、下記の私募債を引き受け、財務代理人を務めることとなりましたのでお知らせします。
保証付私募債を発行する企業にとってのメリットは、固定金利での資金調達が可能となることはもとより、社外に自社の財務内容の健全性やCSR活動への取組などをアピールできることが挙げられます。
当行では、全5種類の私募債ラインナップにより、取引先企業の資金調達手段として、積極的に活用いただくことで、事業分野の拡充、新規事業への進出等様々なニーズにきめ細かく対応し、地元企業の事業発展に貢献してまいります。



1.引受内容について
--------------------
私募債名 | 日付 | 発行会社名
--------------------
CSR型銀行保証付私募債 | 11月25日 | Jellyfish.株式会社 (代表取締役 貞廣 一省)
--------------------
※(その他2社については詳細非公表)


CSR型銀行保証付私募債
会 社 名 Jellyfish.株式会社
代 表 者 代表取締役 貞廣 一省
住 所 東京都渋谷区代官山町1番6号
業 種 飲食業
発 行 額 第15回無担保社債(銀行保証付) 50,000,000円
期 間 3年(満期一括償還)
資金使途 運転資金
<当社のCSR取組内容>
・当社のブライダル事業、飲食事業の顧客は女性が中心。女性の固定客獲得が当社の生命線であり、管理職の女性登用を積極的に行なっている。
・当社は女性従業員が多く、パートタイマー従業員にも育児休業を認めるなど独自の育児休業制度等を設けている。


2.当行の取扱う私募債5商品と特長
--------------------
銀行保証付私募債
プレミアム型
企業の財務健全性、なかでも企業規模(純資産額5億円以上)をより重視する私募債。(H20年10月~)
CSR型
一定の基準と企業が行う「CSR活動」の取り組みを評価する私募債。(H18年1月~)
エコ型
CSR型私募債の基準に加えて、環境にかかる公的認証を取得していることが条件の私募債。(H20年10月~)
グロース型
一定の基準と企業の成長力(売上高および利益の伸長率)を評価する私募債。(H18年1月~)
--------------------
信用保証協会共同保証付私募債
銀行および公的機関である信用保証協会が定める一定の基準を適用する私募債。(H12年9月~)
--------------------


以 上


前の画面に戻る



関連の新着リリース
『山陰合同銀行』 リリース一覧
『銀行』 上場企業 リリース一覧
『銀行』 非上場・外資系企業 リリース一覧

注意:このサイトに掲載されるプレスリリーステキストはコンピュータプログラムで機械的に収集・生成しているためエラーが発生する可能性があります。発表元企業の公式サイトにて公式発表日や内容をダブルチェックして下さい。また、この掲載テキストの元となるプレスリリースの内容は発表元企業による公式発表当時のものであり、最新情報とは異なる場合があります。


新着画像
  • 2014/10/23 全国知事会、四国知事会などについて
    高知県庁
  • 2014/10/23 世界最大厚(板厚80mm)の降伏強度460MPa級高アレスト鋼を開発
    ジェイ エフ イー ホールディングス
  • 2014/10/23 多様な利用シーンに応えるWindowsタブレットなど教育・ビジネス向けPCを発売
    日本電気
  • 2014/10/23 シンガポール・セノコ地区廃棄物発電施設の改造工事を受注
    三菱重工業
  • 2014/10/23 上位機に迫る本格撮影性能を備えたスタンダードデジタル一眼レフカメラ 「PENTAX K-S1 Sweets Collection」新発売
    リコーイメージング

最近チェックした企業
あなたがアクセスした企業ページは自動的にここに表示されます。